カテゴリ:Color( 2 )

カラーのリタッチ

最近よくお客様がカラーの施術のときに言われること

「前回カラーして毛先にはカラーが残っているので、毛先にカラーをすると傷むから

根元だけカラーしてください」と................。

なるほど、気持ちは痛いほど良く分かります、僕も下っ端のころはそう思っていましたし

「髪の毛を傷める」という作業に関して言えば、できる限り避けたいこと思っていました。

”美容師はお金のために様々な技術をお客様に施術して、やらなくても済む事をあえて付加して

料金アップを図っている”と思われがちであり、実際そういう方法論で営業しているお店はあります

しかし、大半の美容師は「髪の毛を痛めたくない」と思っていることも事実なのです。

なぜなら、傷んでいる髪の毛では思ったようなスタイルができない、つまり

傷んでいることによって、求めたい質感や、ラインやシルエット、艶感が出てこないのです

もちろん、世の中にはすばらしいスタイリング剤などいっぱい売られています.....が。

パーマをかけてもすぐにとれててしまったり大きいカールをしたかったのにチリチリに、

ウェットな状態ではカールが出ているのに乾かすと真っ直ぐにボリュームだけが......................

カラーをしてもすぐに色が落ちるし色味がキレイに入らない、もちろん技術でカバーしなくては

いけないのですが納得がいかない結果になり、僕自身その日は落ち込むのですよ限りなく...

そこでカラーの話です

リタッチという技術があり、例えばカラーを施術後2ヶ月も経過すると根元から黒髪が3cmばかり

毛先の色が残っている部分と、根元の新しく生えて来た髪の毛とに色が分かれてしまいます

このときのカラーが残っている部分を既染毛といい、根元の新しい部分を新生毛といいます

俗に言う根元の黒いまたは白髪が出てきた白い部分が新生毛

毛先の色が残っている部分が既染毛、新生毛だけを染める技術のことをリタッチと言っていました

以前カラーで説明したと思いますが(してなかったらごめんなさい)、髪の毛にカラーを入れるとき

には乱暴に言うと、脱色剤により穴を開けていきます、例えば毛一本に対して100の穴を開けたと

します、そこに赤い色(例えば)を流し込みます、黒い部分は赤くはならずに穴を開けたところが

赤くなります、それが髪の毛の15%だとしたら黒い面積の方が目立ちますね、=あまり色が変わっ

ていない状態です、80%だとしたら赤が大半を占めますので他人からは「赤髪の人」と呼ばれるよ

うになりますね

「赤髪の人」がカラーをしてから3ヶ月が経ちました、根元が5cm黒くなっています

そこで「赤髪の人」は自分で再び赤い薬を買ってきて髪の毛全体に、まんべんなく赤い薬を塗りまし



ここで考察してみましょう、すでに100個の穴を開けていた状態にさらに脱色剤が塗布されます

新生毛の部分はまだ穴が開いていないので100個ですよね?

しかし、既染毛は!100個すでに開いていた状態から更に100個追加です、合計200個になってしま

いました、この行為を続けていくと1年後には髪の毛には何個の穴が開くことになるのでしょうか?

考えただけで恐ろしくなりますねー(数はあくまでも大袈裟ですが)

だから、「既染毛にカラーはしないでください」という理論が生まれてきますし、それは間違いでは

ないのです、しかしそれだけではないのですよ......

次に続きます、明日には更新しますから見てくださいね。
[PR]

by poco_a_poco_f_4 | 2010-06-14 12:20 | Color

Hair Color

カラーリングにおけるオーダーの云々
一般的にカラーリングは自分のやりたい明るさと色を求められると良いでしょう
根底的には「自分がやりたいこと」この思い、これが何より大事
カットでも「似合う」「似合わない」はかかわらず自分がやりたいことを
美容室に持っていく、そして伝える、そうすることによって
施術者は、そのお客様のやりたい路線が少しわかります
その後に施術者にそれをベースとしてカウンセリングをしてもらえるはずですよ
大きく外れたスタイルを作ることが少なくなっていくはずです
今回はカラーの話なのでカットの話は置いておきますね

まずカラーをお願いするときに知っておくと便利なことを書いていきましょう
「色を変える」作業には大きく分けて二つの方法論があります

1 色を決める作業
  これは極端な話、赤とか青とか黄色とかピンクとか色の取り決めです
  「色相」と言う言葉をよく使います
  美容師さんに「今日は色(色相)はどんな感じにしますか」と言われたら
  やりたい色を説明しましょう。
  (*大抵は茶色がベースになっています、つまり赤系の茶とかアッシュ系の茶
   とかグリーン系の茶とか)

2 明るさを決める作業
  ここを勘違いされる方が結構多いのですが、「明るさはどうしますか?」
  というのを「赤るさと(つまり赤さ加減)」と勘違いして「赤はイヤです」
  なんて会話に陥りやすいのですが、文字にするとわかりやすいのですが
  言葉にすると音がにているので勘違いが生じるようですね。
  ここで言う「明るさとは」色の明るさです
  
  明るさを決めるときには二つの大切な要素が含まれており、知っていると便利ですよ
  それは「明度」と「彩度」です、どこかで聞いたことのある音だと思いますが
  この二つの判断基準によって明るさが成り立っています

  簡単に言うと赤色を例にとって考えて行きましょう
  通常「赤」と言ったら、血の赤、日の丸の赤信号機の赤などなど
  どれも見事なまでに「赤」を表現しています
  これを「明るい赤」としてみましょう、では「暗い赤」は赤味が少なくなっている
  「赤」、つまり「赤」に赤以外のなんらかしらの色素が入っているのです
  一つは白色これを足していくと限りなく白に近づいていきます
  赤が薄まっていく感じですね
  もう一つは黒、これを足していくと赤が鈍っていく感じ、限りなくグレーに近づきます


   
f0213332_171156.jpg
  明度(明るさの要素)
  例えば赤という色、これに白色を足していきます、すると赤が薄まっていき
  ピンクに変化しながら最終的には限りなく白に近い色になっていきます(無彩色)
  この流れを順番化するとvivid(さえた)→bright(明るい)→light(あさい)
  →pale(うすい)となります
  色の濃さを表し、濃い赤とか薄い赤など

  
  彩度(色の鮮やかさ)
  例えば赤という色、これに黒色を足していきます、すると赤がにごり始めて
  赤茶に変化しながら最終的には限りなくグレーに近い色になっていきます(無彩色)
  この流れを順番かするとvivid→deep→darkとなります
  色の鮮やかさを表し、赤みが鈍った茶とか鮮明な赤もしくはどす黒い赤


  

つまりオーダーするときにどうすればよいか、もしくは施術者の言葉を
どう理解すればよいかと言うときに使える言葉たちです。

「今日はどんな色にしましょうか?」
「色相はピンク系の茶で明度はビビッドで彩度は鮮やかに」
これは結構強くピンクが出た茶
または「色相は薄ピンク系(ペール系)の茶で彩度は低めに」
これは薄いピンクでピンクがにごっている茶

自分でも整理不能気味になってきましたが、まー難しい話は置いておいて

結局、オーダーするときには自分のしたい色系統(赤、青、黄色、緑、オレンジ、紫など)
色の明るさとその色が持つ色の強さを低めにしたいか、強く出したいか
これを伝えることが時間の短縮につながるとともに、共通のイメージを自分と相手に
共有させることができる手段でしょう。













  



 


 
[PR]

by poco_a_poco_f_4 | 2010-03-15 14:01 | Color