カテゴリ:Shampoo( 2 )

SHAMPOO2 http://poco3749.exblog.jp/

こんにちは、shampooの話の続きです
そう、エメロンシャンプーを使ってた頃、
劇的にかどうかは定かではありませんが
シャンプーをしただけで、「きしまなくなった」
という実感はもてたのではないのでしょうか。

その時代あたりから、地肌を洗うシャンプー、
洗うと髪にも付く、髪に付いたらきしむ、
きしまない手触りの良いものが髪に良い商品、
という構図が構築されていきました。
「リンスインシャンプー」なんと一見便利そうな
商品でしょう!汚れを落とすためのものと
アルカリ成分を中和してコーティングさえもしてしまう
リンスが一緒になるなんて!!(笑)
これも手触りが良いことが「良いシャンプー」の結果
更に、シリコン剤入りのコンディショナー、トリートメント
このたくさんシリコンを入れた商品、もちろん髪の毛に付くと
すばらしいコーティング剤に・・・只落ちずらい、
そのためにシャンプーが強くできている、イコールきしむ、
良いシャンプーの定義、きしんではいけない、シリコンを
いっぱい入れる、再びトリートメント、コンディショナーで
シリコン漬けに・・・悪いスパイラルと感じてしまうのは
僕たち美容を生業としている人たちだけでしょうか?

つまり何が言いたいかというと、判りづらいですよね?
シャンプーは汚れを落とすことが大前提と思ってください
つまり、何か余計な残留物を残すもの、残したとしても
分解されるまでに時間がかかるものはどうも僕には解らないのです
石鹸、石鹸シャンプー、無添加シャンプー、指定表示成分に
ジメチコン(シリコン)がないもの、またはあったとしても
短期間で自然分解するもの(見分け方は難しいですよね)
何故?・・・・地肌にも付着することが一番の問題点
地肌はいつもキレイな状態が良い状態、シリコンなどの残留物が
髪の成長の大きな弊害となることもあるようですよ、そして汚れは汚れを
引き寄せあい溜まっていきます・・・・地肌の話はまた違う日にしましょう。
とりあえず、シャンプーの選択方法を変えてみてもいいかもです。


もちろん、髪の毛も洗わなければなりません、
只、髪の毛の汚れは基本的にはプレシャンプー
(お湯でよくすすぐこと)をしっかり行えば
8割がたの汚れが落ちるとされています、残った
汚れは汗などの油分、スタイリング剤、自動車などの
排気ガスなどによる汚れ、台所作業で付着した油などです
これら残った汚れを取り除くのがシャンプーです!
洗い方は、まずよく泡立てる、地肌の汚れを指の腹でこすりながらマサージ、
当然髪の毛にも泡がドンドン付いていきますね?
そこで髪の毛をゴシゴシ洗うことはしません、NGです。
指を通す程度にしましょう、これで大体の汚れは除去できます
逆に言うとこれで落ちないようなスタイリング剤などは選択肢から
除外したほうがよいのではないでしょうか。

後はよ~~く流しましょう!よ~くですよ!
そして、手で髪の毛の水分を何回かきってください
後はトリートメントのお話のときにしましょう。
[PR]

by poco_a_poco_f_4 | 2010-03-01 10:41 | Shampoo

Shampoo

おはようございます、朝からシャンプーの話です

シャンプーは古くはサンスクリットでChampa「マッサージのために香油を塗る」の
語源がヒンドゥー語Champoを経由して今に至ったらしい「マッサージをする」の
意味、現代では洗髪自体をShampooといいます。

日本では髪を洗う習慣よりも、髪には油をつける方が多かった
その油を奪う目的で1ヶ月に1回くらい洗っていたらしい

実際ちゃんと髪の毛と頭皮の洗浄として意識し始めたのは西洋から洋髪が入ってきてから
かもしれませんね。

50'sにジーン・セバーグの出演した映画のヒロイン名からきた「セシルカット」
オードリーヘプバーン「ローマの休日」の中のショートヘアー、6o'sにヴィダルサスーンのハサミから生まれたモデル「ナンシークワン」のヘアースタイル「クラシックボブ」
ツイギーのショートヘアー、日本もプレスリーやカラーテレビの放送開始、
ベンチャーズや東京オリンピック、ビートルズにストーンズなどなど西洋の文化の波が
どっと押し寄せてきたようです。
シャンプーが一般的に「おしゃれ」のツールとして女性たちに認識されていったのは
この頃の文化の影響が大きいのではないでしょうか。

実際僕が小学生のとき、東京の練馬区での日常生活では、週に1~2回は家族で銭湯へ
エメロンシャンプーを使っていました、CMでもシャンプーを髪の毛を洗うものとして
定着させていったような気がします。
でも粉の石鹸らしきもので全身(頭も)を洗っていたおじさんもいました
おじさんにとっては体の皮膚の延長の頭皮、一緒に洗っていたんですねー!

当時の日本人の髪の毛は硬くて真っ直ぐ、毛量も多く「ごわごわ」
石鹸で洗った後も更に「ごわごわ」、そこでメーカーの方々が頭を洗っても
「ごわごわ」にならない石鹸を作ったのがシャンプー
女性たちの間では、この洗い上がりが明らかに違う石鹸はあっという間に浸透したのでは!?

ちょっと長くなってきたようです、続きは次回のブログで、さようならー。
[PR]

by poco_a_poco_f_4 | 2010-02-19 15:06 | Shampoo